プリペイド携帯電話ファン



ソフトバンクオンラインショップ

プリペイド携帯電話とは?メリット・デメリットは

プリペイド携帯電話と通常契約の携帯との違いは、基本料金込みの通話料金プリペイドカードをあらかじめ買って、プリペイド契約の電話機へカードに記載されている番号を入力して料金を前払いするという点です。ですので、銀行口座やクレジットカードを持っていなくても簡単に利用することが出来ます。

そして、一番の魅力は、維持費が安いという点です。
現在プリペイドカードは1枚3000円の物が中心ですが、このカード1枚補充すると30日から90日間通話可能になります。(各会社により異なります。各社の料金プランは、別ページをご覧下さい。)最低月833円から1500円程度で携帯電話が持てます。通話料は、カード代金がそのまま通話料として使えます。

そして、通話料がなくる・又は通話可能期間終了が近づいたらコンビニ等でカードを買って補充するという流れになります。
通話可能期間を過ぎてもカードを補充せず、更に一定期間が過ぎると自動的に解約となります。

会社によりますが、Eメール・長文メールも出来るものもあります。
またツーカーは、限定サイトのウェブ観覧ができ、着メロ・画像のダウンロード等も出来ます、

着信やメールがメインの人には、安く携帯電話が持てるのですばらしいサービスです。

しかし、デメリットが多少ありますのでご注意下さい。

● インターネット観覧が出来ない
ツーカーが一部観覧できますが、専用の限定されたサイトだけです。他社は全く出来ません。

● 通話料が割高
各社違いがありますが、1分100円近くする所もあります。

● 携帯電話機機種が限定されている
最近は、多少選べるようになった所もありますが、
プリモバイル以外は通常契約の最新機種がほとんど持てません。
※ただし解約機を持ち込む事である程度好きな機種を選べる場合があります。

● サービスが制限されている
通常契約のようなオプション契約などが無いので
人によっては困るかも知れません。

● 最新携帯電話機種への機種変更が出来ない。
会社によっては解約済みの電話機を持ち込めば機種変更は
出来ますが、機種変更用の新品というのほとんどないです。
(会社によっては新品への機種変更が出来るみたいです。)

カード追加について
特にカードの追加登録に関して多い疑問点を記載しておきます。
●通話可能期間内に次のカードを追加しないと残高は0円になってしまいます。逆に期限内にカードを追加すれば残っている通話料は持ち越せます。
●カードの通話可能期間は早めに追加しても残っている通話可能期間が重複して消えるわけではありません。
(ただし貯められる通話可能期限に上限があります。ドコモは、90日・それ以外は360〜365日程度です。これ以上は日数を消化しないとカードを追加しても通話可能期間が増えません。)

これからプリペイド携帯電話を持とうとする方は、
これらの事を参考にして検討して下さい。






トップ アイコンプリペイド携帯電話ファントップページへ
直線上に配置