プリペイド携帯電話ファン


ソフトバンクオンラインショップ

プリペイド携帯電話に関して専門的(?)な
用語を集めてみました。

たまに覗くと密かに追加・編集されています。
SPS ソフトバンクプリペイドサービスの頭文字です。
プリペイド式携帯電話 プリペイド式携帯電話とは、プリペイド携帯電話の正式名称(?)。
「プリペイド方式の携帯電話」の略かどうかは定かではないが、この後プリペイド携帯電話→プリペイド携帯→プリペイド→プリぺ→プリ・・と年月とともに勝手に略されていった。とは言っても、「プリペイド携帯」が一般的に1番多く呼ばれている。
白ロム 白ロムとは、解約した携帯電話機で解約前の電話番号が番号が抜いてあるものの事をいう。自局電話番号が「123456・・」になっている。携帯電話を解約しただけでは本体内に以前の電話番号情報が残っていて、通常は電話会社の直営ショップ等で解約・機種変更した場合は一緒に白ロムにしてくれるが、電気店等で機種変更した場合などに白ロムにしないまま電話機を返される模様。以前の電話番号が残ったままの解約機を「灰ロム」という。ツーカーの場合、持ちこみでプリケー登録する際持ち込む電話機の使用地域と契約地域が違う場合、灰ロムだと登録出来ない。ネットオークションでは、白ロム灰ロムの区別なく全て白ロムと言っている出品者がいるので注意が必要。ちなみに管理人が初めてオークションで買った携帯がこのパターンの出品者でした。
灰ロム 上記にもあるように解約後に電話番号が抜かれていない電話機のこと。灰ロムになるには、電気店等で機種変更したり強制解約されたりすればいい。とはいっても、灰ロムとはあまり良いものではない。機種変更した場合は新しい電話機の着信に影響があるらしい。(電気店の店員が言っていたのでほんとかどうかは不明。)また持ち込み登録等は、盗難機・強制解約機だとできないらしい。
通話可能期間 文字通り発着信が出来る期間のこと。この期間を過ぎると通話やメールは全く出来ない。(ツーカーセルラー東京のプリティーは着信可・ボーダフォンは2005/04/01より着信・全角192文字相当のメール受信のみ可)もちろんこの期間を過ぎれば残っていた通話料も0円になってしまう。この期間を過ぎて残っているのはプリペイド携帯電話の契約と電話番号のみ。通話可能期間の後は電話番号有効期間に突入する。よく通話可能期間と電話番号有効期間との区別がつかないという話を聞く。また、各会社によって呼び名が違う。
電話番号有効期間 通話可能期間内にカードを追加登録しないとやってくる。上記通りボーダフォンとツーカーセルラー東京のプリティー以外は、発着信が出来ない。要は、この期間内にプリペイド携帯契約を今後続けるのかどうかの判断をするということ。この期間が過ぎればそのプリペイド携帯電話機は灰ロムとなってしまい、解約という事になる。いわば最終通告期間。これも、各会社によって呼び名が違う。
キャリア キャリアとは「通信事業者」のこと。各キャリアと言えば「各電話会社」という意味になる。何も知らない友達との会話の中で自慢気に「俺の携帯のキャリア知ってる?」などといった会話をおりまぜればドン引きされるのは間違いない。管理人が上の様に書いてしまったせいか、当サイト掲示板ではキャリアと言う人があまりいない。またキャリアウーマンは「通信事業者女性」にはならない。
持ち込み 解約済みの携帯電話機を携帯電話ショップに、新規契約・機種変更するために持っていくこと。「持ち込みで機種変更する」と言った感じで使う。ボーダフォン東海で白ロムをPJ化する際は、解約電話機の契約していた地域が東海以外だとボーダフォン直営店しか登録出来ない。知らずに近所のボーダフォンショップに持っていくと店員に冷たく直営店を案内されるの場合があるので注意が必要。
プリケー プリケーとは、ツーカーのプリペイド携帯電話のサービス名称。他社はプリケーとは言わないが、プリペイド携帯初めての人だとどこの会社のプリペイド携帯でもプリケーと呼んでいて勘違いされていることが多い。これもネットオークションで「ボーダフォンのプリケー」と題した出品者がたまにいる。
しかし、言っている管理人自身もプリペイド携帯にする当時は、プリケーとPjがどこの会社のサービスかを覚えるのに時間がかっている。
ボーダフォン直営店 ブランド物の直営店が最近流行りだが、ボーダフォンの直営店とは何?という人も多い。東海で言うと「ボーダフォン名古屋・ボーダフォン岐阜・ボーダフォン三重・ボーダフォン静岡」が直営店。各都道府県に一店はあるのかと思うが、調べたわけではない。東海のpjを持ち込み機種変更や他地域の白ロムを新規登録する場合は、先の直営4店舗にもっていかなければならない。
VPS GPSに次ぐ次世代のナビゲーションシステム。・・・
ではなくて、「ボーダフォンプリペイドサービス」の略。東海のPJを除いた、ボーダフォンのプリペイド携帯電話サービスをこう呼ぶ。ボーダフォンプリペイドサービスというのは長すぎて、会話・書きこみ等で面倒なためこのように略されたのではないかと思うが真相は不明。他にも「ボ―プリ」・「プリサー」など考えられるが、どれもピンとこないのばかりで候補にも上がらなかったかと思われる。
Pj Pjとは、ボーダフォン東海のプリペイド携帯電話サービスの名称。
「P」は大文字で「j」は小文字で書くのが正しいらしいが管理人の大雑把な性格のせいで、当サイトでは大文字だけで書いたままの所が多々ある。(半角小文字の「j」は見にくいという理由もあるが言い訳も混じっている。)
PjとはプリペイドJ-Phoneの頭文字かと推測できるが調べた訳ではない。
プリカ ボーダフォンプリペイドサービスの旧名称。
当サイト開設時には既に「ボーダフォンプリペイドサービス」になっていた。
何故プリカが名称変更したのに、J-Phoneの頭文字の混じっているPjの名称を変更しなかったのかは不明。噂では「PV」となってしまうとプロモーションビデオやペイパーピューなどと勘違いされそうで紛らわしいから断念したらしい。(これは嘘です。)管理人は最近までカードの名称くらいに思っていた。
プリdeEZ プリケーのサービスで、限定サイトに接続・長文メールの送受信が出来るサービス。
しかし、特に成人男性の場合は申込時に「プリデイージー」と名前を言うのが若干恥ずかしい所が(人によるが・・)欠点である。管理人は申込3回目くらいから抵抗が無くなってきたのを覚えている。
2G 第2世代の携帯電話方式のこと。Gは、ジェネレーションのGである。
細かい事はさておき、プリペイド携帯は基本的に今の所2Gを利用している。
また今更覚えても普段の生活では使いどころがほとんどない単語である。


トップ アイコンプリペイド携帯電話ファントップページへもどる

直線上に配置